迷走ゴリラの婚活記録~バリキャリ諦めました~

新卒で入った会社(バリキャリ路線)をリタイアした元OLが綴る日記です。 20代のキャリア形成で多忙な時期に婚活を経験、なんとか目標の30歳前に成婚しました。キャリア志向+20代婚活の体験談が少なかったのでブログに記録することにしました。何かのご参考になれば。

6
デニムワンピはないね!!しかも体系隠しをばっちりしてくれる、ストーンとしたシルエットのやつですからね!!見た目はまるで、マタニティもしくは中学生でした。

上記の待ち合わせ後、A子に買い物へと連行され、無事着替えをすませました。

よかった…このまま合コンに参戦したら、誘ってくれたA子に大変失礼なことをするところだった…(買い物突き合わせてる時点で十分失礼)


ワンピースって、何だろう…?

さて、婚活服=男性受けの良い服とされる代表はワンピースだと思うんですが、未だにどういうもの
が良いのかわかっていません…。

あんまりフォーマルっぽいものだと「結婚式の二次会かよ!!気合い入りすぎだろwww」

ギャルっぽいのは「キャラじゃない!!若いwww」

ウエストマークついてないものは「マタニティっぽいわ!!このデブ!!」

と私の中のファッションチェッカーが騒ぐので、ほとんど着ませんでした。
色も何がいいの?アースカラー・ネイビーは地味すぎるの?白・ピンクはやりすぎ?黄色?オレンジ?
わっかんねぇよ!!(一人でキレてる)


あと、ワンピースに限らないのですが、脚が太いのでストッキング+パンプスつらいんです…。ブーツの季節はうれしい。
レギンスとトレンカ廃れましたね。つらい。

婚活服以前に、己の肉体を見直したほうが良いのかもしれません。つらい。

5
こんにちは!雌野です。
ハゲは一年程度で完治しました。よかった。

このころは、本当にきつかった…。
世にあふれかえるブラック企業に比べると、会社はホワイトなほうだったと思います。
でもキツかった…。周りのメンタル休職率も高かった…。何があんなに皆を病ませたのか、今でもちょっとよくわかりません。

前記事: で元カレ達に指摘されたあれこれの原因の一部は、のほほんとした大学時代からの環境の変化に耐えられず、ストレスをため込み続け、イライラを一番身近な人にぶつけまくった結果だと思います。(もちろん生来の性格もあると思うけ…ど…)

その情緒不安定さのままでは、新しく出会った人ともうまくいかない。またすぐダメになる。
それは脳筋な私にもはっきりとわかりました。

もちろん、仕事をバリバリこなしつつ、周りに気遣いをできる人もいらっしゃるわけで、
そういった人はやっぱり見ていて素敵ですし、憧れますよね!
そんな素敵な女性の先輩方を目指していこうと決めたのでした。


2
3
4
42

こんにちは!雌野ゴリラです。
今回は、そもそも婚活の定義とは?についてです。


◇婚活の定義とは?

まずネット辞書の コトバンクさんによる「婚活」の定義は以下のとおり。

-----------------------------------引用開始--------------------------------------------------------

「婚活 合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や情報サービス会社への登録など、
結婚相手を見つけるための積極的な活動をいう。 就職活動を表す「就活」をもじった造語で、
2008年3月に刊行された『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子)が火付け役となった。」

-----------------------------------引用ここまで----------------------------------------------------

2008年から言われている言葉なんですね。まさかの10年選手です。
現在では誰に言っても通じるメジャーな言葉になりました。

そして言葉の定義も、大方の方がイメージする通り、結婚相手を見つける(=出会い)のために積極的に活動する。ということです。
まず出会わなければ何も始まらないですし、直接的な行動ですね。

しかし、それだけでいいのか?今回はそういうお話です。
私は、上記の定義に「結婚するための自分づくり」を加えて「婚活」とし、活動をしていました。


◇出会いはあるものの…

私の場合、幸いなことに出会いには多く恵まれていました。
会社には若手男性(独身彼女なし)も多数いましたし、合コンを主催してくれる友人も多く、
また、当時20代だったこと、自由になるお金があったこと、居住地が大都会東京であったことなどなど…ありがたいことに、出会いには困らない環境にいました。

しかし、結果は冒頭の漫画のとおり。
とても大人の恋愛とは思えないようなショートスパンでお別れをすることとなりました。

さすがに3回も続くと「出会って付き合うだけではいけない」と肌で感じることになります。
そして全て自分がフラれる…という結果であったことから、「これはおそらく自分に問題があるな…」とも確信しました。

◇婚活を自分流に定義する

そこで、雌野は婚活を以下のように定義しました。※あくまで個人的な定義づけです。

--------------------------------------------------------------------------------
定義その① :出会いのための活動をする
結婚相手を見つける(出会い)のための活動をすること。(いわゆる一般的な「婚活」)

具体的には、社内での人付き合い(飲み会)、合コンに加え、出会いの幅を広げるため、婚活パーティへの参加、ネット婚活の利用をし、とにかく色々な人と交流をしました。
また、結婚相談所も検討しました(資料請求と見学)が、利用することなく婚活が終了しました。
もう少し活動が長引けば利用していたと思います。

定義その② :結婚するための自分づくりをする
ゴール(入籍)をするために、自分はどうなればいいのかを考え、実行すること。
とにかく自分の悪いところを探す!なりたい方向へ向けて改善する!!という作業に加え、ここは良いところだよね!!伸ばそう!!という温度差の激しいサイクルを回しました。
また、これは譲れない、変えられない、という点についても分析しました。

--------------------------------------------------------------------------------


◇自分を振り返るのは難しい…けど頑張る

定義その②の「結婚するための自分づくり」については、真剣に取り組めば取り組むほど胃の痛くなる作業でした。元々ができた人間ではないので余計にです。(今もちゃんとしているかというとそうでもないですが)

ここで重要なのは、「全部を変える必要はない」ということだと思います。
まずは自分にとって理想の結婚生活を思い描き、それを実現するためにどうなればいいのか?を検討しました。
私の場合「楽しく仲のいい家庭で、笑いの絶えない家族になる」が理想だったのに、自分のメンタルが不安定でいるのは矛盾しているな、と思い、そこは絶対治そうと決意しました(笑)
自分の理想を実現するというモチベーションを忘れないことが、くじけないコツだと思います。

2年間の婚活の中で、いろいろとトライ&エラーを重ねましたので、それを今後の記事でご紹介していければいいな、と思っています。


(2017.11.8 記事を編集しました(漫画を1記事にまとめ、文章を変更しました))

↑このページのトップヘ